画面の部分キャプチャーを素早く撮る方法

Windows10から備わった機能で、選択した部分だけのスクリーンショットを素早く取れるようになりました。​​​​​​​
​​​​​​​従来の全体をスクショして必要部分をトリミングする、というやり方よりもかなり時短になると思います。
また、部分キャプチャーのほかにも便利なスクリーンショットの方法を併せてご紹介します。

選択した部分のスクリーンショットを撮る(画面の部分キャプチャー)

使い方:Windowsロゴキー + Shift + S

① Windowsロゴキー + Shift + S を押して「切り取り & スケッチ」を起動させます。起動すると画面が暗くなり、切り取りバーが出現します。 

Windowsロゴキー + Shift + S
画面が暗くなり、Snipping(切り取り)バーが出現

② 切り取りたい領域に合わせてバーのメニューを選択します。
  部分キャプチャーを撮りたい場合、切り取りバー「四角形の領域切り取り」(または「フリーフォーム領域切り取り」)をクリック、
  キャプチャーしたい画面部分にカーソルをドラッグして範囲指定します。

領域の切り取りは4種類のメニューから選択できます
「四角形の切り取り領域」を選択、キャプチャーしたい範囲をドラッグ

※4種類の切り取り領域の範囲の違いはこちらをご参照ください↓

四角形の切り取り領域切り取りたい対角までカーソルをドラッグして範囲指定。
フリーフォームの切り取り領域マウスのボタンを押した状態でフリーフォームで範囲指定。ボタンを離すと開始点と自動的に結ばれ、切り取りができる。
ウィンドウの切り取り領域複数のアプリやブラウザを開いていても、このメニューを選択後、切り取りたいウィンドウにカーソルを合わせると
そのウィンドウのみキャプチャーできる。
全画面表示の切り取り領域PC画面全体のスクリーンショットをキャプチャーできる。

③ キャプチャー後、「切り取り & スケッチ」がトースト通知(画面右下にポップアップ)されますので、
  この通知をクリックして開けば、トリミングやペンでの書き込み等の簡単な編集ができ、そのまま画像として保存も可能です。
  もちろんトースト通知を開かなくても、切り取ったらすぐに Ctrl + V 等で貼り付けることも可能です。

画面右下に通知

<おまけ> 「切り取り & スケッチ」で定規を使って線を引く方法

線を引くときは、フリーハンドよりも断然定規を使用することをおすすめします。

  • 切り取り & スケッチのウィンドウ上部にあるメニューから定規を選択します。
  • 定規の位置、角度(※注1)を調整します。
  • 任意のペン・色を選択し、定規に沿って線を引きます。

(※注1)
定規の角度は、マウスのホイールボタンで調整してください。
定規上にカーソルを合わせ、ホイールボタンを下または上に回すと定規の角度が0度から90度まで傾きます。


今後も、業務効率化の手助けになるPCの小技や便利な使い方を随時発信していきます。
どこかで皆様のお役に立てれば幸いです。ぜひ試してみてください!

大量・定例の単純なデータ作業はありませんか?自動化やデジタルツール利活用のご相談をお待ちしてます。

・Word・Excel・PowerPointで困った / こんなことできる?などのご相談も歓迎です。
・記事で取り上げてほしいテーマなども是非お寄せください。

株式会社ケイ・エム・ディ・エス
業務プロセス改善推進グループ