先輩の声

  • 1

川崎汽船 鉄鋼原料事業グループ鏑木さん2

KMDS入社のきっかけは?

社会人4年目に、それまでやってきた仕事とは全く別の分野に視野を広げたいと思い転職を決意しました。
様々な国の人と関わりを持ちながら仕事が出来ることで、自らのステップアップにも繋がると思い入社を決めました。

これまで、および現在、担当している業務はどういう内容ですか。

川崎汽船本社 鉄鋼原料グループに出向し、運航担当(オペレーター)のアシスタントとして、船の動静データの入力や、運賃や傭船料関係書類の作成、月次収支作業等の業務を行っています。1隻で動く金額が数百万ドルに及ぶ航海もあるので、数字の間違いのないよう、正確な仕事をすることを心がけています。
入社してすぐに、昨年から始まったマレーシアのお客様とのやり取りに関らせていただいており、遅滞なく運賃や滞船料の精算が出来るよう、日々努めています。
チーム内の風通しも良いので、わからないところは都度オペレーターや上司に質問し、解決しながら仕事をしています。

仕事のやりがいはどういうところですか。

前職では、何年も一定のお客様とやり取りをすることはなかったので、長い時間をかけてお客様とお互いの信頼を築いていけるのが新鮮で楽しいです。
最初に仕事内容を教えてもらった時は、鉄鉱石や石炭のことなんてわからなかったし、あまり英語に自信があるわけでもなかったので、覚えることだらけで大変でしたが、その分、任された仕事が自分の力でこなせたときは、成長を感じることが出来ました。
この仕事に就いて1年半程経ち、後輩も増えました。質問をされることもあり、もっと新しいことを吸収して自分の知識も増やしていかなければならないなと感じています。
アシスタントなので、表立って評価をされるということはありませんが、たまに言ってもらえる「いないと困る」という言葉がとても嬉しいです。

川崎汽船 自動車船営業グループenomotomari

KMDS入社のきっかけは?

1. 元々仕事で海外を飛び回っていた父親の影響で、海外と広く関わる仕事に就きたいと思い、物流業界を志望していました。新卒時は旅行代理店に入社しましたが、転職を決意し転職サイトを見ていた時、KMDSのホームページを見つけました。川崎汽船のグループ会社であり、貿易の最前線で仕事ができる点に魅力を感じ、入社を決めました。

これまで、および現在、担当している業務はどういう内容ですか。

2. 入社後川崎汽船の自動車船営業グループ米州チームに出向し、営業アシスタントをしております。配属後約二年間は中南米航路を担当し、その後は北米航路で北米から極東に戻る復航船を担当しています。業務内容は船積みされた貨物のデータ管理、傭船料の精算業務、お客様へのスケジュールのご案内、日本に到着した貨物のトランシップ手配等、様々な業務にチャレンジさせて頂いております。

仕事のやりがいはどういうところですか。

3. 北米から運ばれる貨物の内、ダイレクトで最終仕向地まで輸送する貨物が多いですが、日本でトランシップしてアジア各国や豪州まで輸送する貨物も多くあります。トランシップ手配する上で、船の運行管理をするオペレーターや車両の積み付けを行うプランナー、外地代理店、ドキュメント担当部署など多くの人と関わり船積みをアレンジします。イレギュラーなことも多く発生しますが、無事に貨物が到着した時にやりがいを感じます。
先日海外旅行に行った際、港付近で自動車船を見かけた時はとても嬉しくなり、仕事に対するモチベーションも一段と高まりました。

川崎汽船 自動車安全輸送グループ10

KMDS入社のきっかけは?

2008年に、社会人1年目が終わる頃に転職を決意し、入社しました。
日常から世界と繋がっている実感のある仕事がしたかったので、元々興味があった貿易事務を選択しました。
全く未経験のまま入社しましたが、周囲のサポートが厚く、フランクな社風の中で伸び伸びと成長できました。

これまで、及び現在担当している業務はどういう内容ですか。

2008年に新設されたケイラインジャパン九州支店(現:九州駐在員事務所)へ配属となり、営業サポート、秘書業務に4年間従事しました。
海運業、そしてコンテナ船のイロハを、経験豊富な支店長から直々に教わりました。
2012年、ケイラインジャパン本社へ異動後、輸出営業グループにてブッキングや海上運賃提示などの営業サポートに就業しました。
2013年、川崎汽船の人事グループへ出向、採用アシスタントとして従事しました。
2014年、川崎汽船の自動車船事業グループ 海技・品質チームに出向中です。
3000台から6000台の車両を積み、動く12階建て立体駐車場のように巨大な自動車船の安全や品質向上のために業務しています。
現在は車両の積み付けプランに日々奮闘しています。

仕事のやりがいはどういうところですか。

出向先の部署によって業務内容も一緒に働く人達も全く違うので、入社してから毎日が勉強の日々です。
現在所属している部署では、船乗りの方々と業務していますが、自分の世界も広がりました。

“K” LINEのコンテナを街中で見かけた時、誇らしく思えたように最近は自動車を見ても自分が関わっているんだと思うと胸が熱くなります。
エネルギーや、日常に欠かせない物品の輸送というスケールの大きな仕事に携われることが一番のやりがいだと思います。
因みにクラブ活動も盛んですので、社会人になってからも試合に出たり、普段業務では関わりがない人達とも仲良くなれて、オススメです。

川崎汽船自動車船営業グループ5

KMDS入社のきっかけは?

海外に数年間留学しており何かこの経験を生かせる仕事がしたいと思っていた時KMDSのホームページを見つけました。
KMDSでなら自分の語学力を生かせると思ったこと、また研修制度など環境の良さに惹かれ応募したのがきっかけです。

これまで、及び現在担当している業務はどういう内容ですか。

現在、川崎汽船の自動車船営業部に出向しアジアチームの営業補佐をしています。
業務としては輸送にかかる海上運賃のリストの作成や、傭船料の精算業務、その他営業職の方々のサポートをしています。
営業部ということもあり、お客様からイレギュラーな問い合わせが舞い込んできたりとても流動的な現場ですが、メンバー内のチーム意識が高く相談するとすぐに一緒に対応してくれるので一人で問題を抱えるというようなことはありません。

仕事のやりがいはどういうところですか。

先日自動車船を訪船した際、貨物が実際に船に積まれ海外を渡りお客様のもとに届くまでに“K” LINE代理店を含め本当に多くの人が関わっていることに気付かされました。
一人一人が自分の役割をきっちり果たさなければ貨物がスムーズ且つ安全に現地に届くことはなく、私もその大きな組織の一員なんだと実感し、自分の仕事にとても責任を感じるようになりました。
自動車産業とは日本を支える大きな産業ですのでそこに少しでも貢献できていると思うととてもやる気がでます。
また、チーム内でも営業とアシスタント間で互いに補いきれない部分を支えあう環境があり、一ヶ月かけて船積みをアレンジし無事本船が日本を出港したときはとても達成感がありやりがいを感じる瞬間です。

川崎汽船 コンテナ船事業戦略グループ9

KMDS入社のきっかけは?

もっと働く船のことが知りたい!それが入社のきっかけでした。
コンテナ一本を運ぶのにも沢山の人間が携わっていて、沢山の業務がある。
その業務の一端を担いたくて川崎汽船グループでもあるKMDSへ入社しました。

これまで、及び現在担当している業務はどういう内容ですか。

現在は川崎汽船コンテナ船事業戦略グループ輸送管理チームに配属されております。
コンテナ輸送に関わる資材管理や、経済・環境の観点から見たより良い運航を目指した検討、チーム内庶務などが主な業務です。

仕事のやりがいはどういうところですか。

川崎汽船本社へは出向という立場であり、着任からまだ2ヶ月しか経っていませんが、本社の方たちと同じように仕事をさせて頂いており、訪船の機会なども与えてくださいます。
船が好きな私にとっては船を間近で見られるのは嬉しいことですし、何よりも良い勉強になります。
川崎汽船の看板で仕事をするのはプレッシャーですし、勉強不足を実感することもありますが、周りの方々が優しくフォローしてくださるおかげで、業務ができています。
また、チーム員のお仕事をお手伝いしたときに「ありがとう」と言ってもらえるのもやりがいのひとつです。
今のチームはとても雰囲気が良いので、仕事の後のチーム飲み会も至福のひとときです。