貿易事務・派遣 株式会社KMDS ケイ・エム・ディ・エス

先輩の声

川崎汽船 鉄鋼原料事業グループ鏑木さん2

KMDS入社のきっかけは?

社会人4年目に、それまでやってきた仕事とは全く別の分野に視野を広げたいと思い転職を決意しました。
様々な国の人と関わりを持ちながら仕事が出来ることで、自らのステップアップにも繋がると思い入社を決めました。

これまで、および現在、担当している業務はどういう内容ですか。

川崎汽船本社 鉄鋼原料グループに出向し、運航担当(オペレーター)のアシスタントとして、船の動静データの入力や、運賃や傭船料関係書類の作成、月次収支作業等の業務を行っています。1隻で動く金額が数百万ドルに及ぶ航海もあるので、数字の間違いのないよう、正確な仕事をすることを心がけています。
入社してすぐに、昨年から始まったマレーシアのお客様とのやり取りに関らせていただいており、遅滞なく運賃や滞船料の精算が出来るよう、日々努めています。
チーム内の風通しも良いので、わからないところは都度オペレーターや上司に質問し、解決しながら仕事をしています。

仕事のやりがいはどういうところですか。

前職では、何年も一定のお客様とやり取りをすることはなかったので、長い時間をかけてお客様とお互いの信頼を築いていけるのが新鮮で楽しいです。
最初に仕事内容を教えてもらった時は、鉄鉱石や石炭のことなんてわからなかったし、あまり英語に自信があるわけでもなかったので、覚えることだらけで大変でしたが、その分、任された仕事が自分の力でこなせたときは、成長を感じることが出来ました。
この仕事に就いて1年半程経ち、後輩も増えました。質問をされることもあり、もっと新しいことを吸収して自分の知識も増やしていかなければならないなと感じています。
アシスタントなので、表立って評価をされるということはありませんが、たまに言ってもらえる「いないと困る」という言葉がとても嬉しいです。

川崎汽船 自動車船営業グループenomotomari

KMDS入社のきっかけは?

1. 元々仕事で海外を飛び回っていた父親の影響で、海外と広く関わる仕事に就きたいと思い、物流業界を志望していました。新卒時は旅行代理店に入社しましたが、転職を決意し転職サイトを見ていた時、KMDSのホームページを見つけました。川崎汽船のグループ会社であり、貿易の最前線で仕事ができる点に魅力を感じ、入社を決めました。

これまで、および現在、担当している業務はどういう内容ですか。

2. 入社後川崎汽船の自動車船営業グループ米州チームに出向し、営業アシスタントをしております。配属後約二年間は中南米航路を担当し、その後は北米航路で北米から極東に戻る復航船を担当しています。業務内容は船積みされた貨物のデータ管理、傭船料の精算業務、お客様へのスケジュールのご案内、日本に到着した貨物のトランシップ手配等、様々な業務にチャレンジさせて頂いております。

仕事のやりがいはどういうところですか。

3. 北米から運ばれる貨物の内、ダイレクトで最終仕向地まで輸送する貨物が多いですが、日本でトランシップしてアジア各国や豪州まで輸送する貨物も多くあります。トランシップ手配する上で、船の運行管理をするオペレーターや車両の積み付けを行うプランナー、外地代理店、ドキュメント担当部署など多くの人と関わり船積みをアレンジします。イレギュラーなことも多く発生しますが、無事に貨物が到着した時にやりがいを感じます。
先日海外旅行に行った際、港付近で自動車船を見かけた時はとても嬉しくなり、仕事に対するモチベーションも一段と高まりました。

ケイラインジャパン 輸出営業グループ橋口さん

KMDS入社のきっかけは?

もともと興味のあった貿易事務がやりたい、と転職を決意し応募しました。
未経験でも活躍ができ、川崎汽船グループとして世界とつながる仕事ができると思い、入社を決めました。

これまで、および現在、担当している業務はどういう内容ですか。

アジア、豪州、中近東向けコンテナ輸出の営業アシスタントをしています。
船積みの手配、見積りの提示、営業サポートなどが業務の中心となり、国内外、各地の関連部署と連絡を取りながら船積みに繋げます。
ひとつの依頼に対し、丁寧に、安全に、貨物輸送を手配するためにシステムを利用して確認を取り、外地とも直接やり取りをしながら、
お客様のご要望に応え、スムーズに船積みできるよう提案していきます。

仕事のやりがいはどういうところですか。

チーム内はもちろん、世界中のKLINE社員と協力し、お客様の貨物を輸送していると実感できることです。
例えば、外地の文化・慣習を考慮し、目的地まで輸送するために、ライセンスの必要性やどういった梱包状態で輸送する必要があるか、新品・中古品引受け可否について等、
様々なことを世界中の関係各所と確認します。
多くの人と協力し、無事船積み、目的地まで到着できたときには、達成感を感じますし、その国としての考え方や文化、商品の流れも学べます。
まだまだ未熟で分からないことだらけですが、周りの方々も助けてくださり、知識が増え業務への理解が深まっていくと、とても面白いです!

ケイラインジャパン 営業グループ白川さん

KMDS入社のきっかけは?

アメリカ・ロングビーチに留学した際に、偶然コンテナ船の本船荷役を見る機会があり、その迫力に圧倒されました。そして、いつかコンテナ船にかかわる仕事がしたいと思いました。
転職活動中にKMDSの求人が目に留まり、夢をかなえられるかもしれないと思い、応募しました。

これまで、および現在、担当している業務はどういう内容ですか。

入社以来約5年間、KLINE JAPAN関西支店に出向し、アジア輸出チームの営業補佐ならびにコンテナ船の船積み手配をしております。
航路は、現在タイ・ベトナムを担当しております。担当航路は不定期に他の方とシャッフルし、すべての航路を担当し、他の方が休みで不在になっても十分フォローできるような体制をとっています。
業務は、お客様からのBOOKING受付、変更、データ入力、お客様からの問い合わせ対応、現地のトラブル対応、営業職のサポートと多岐にわたり、とてもやりがいのある仕事です。

仕事のやりがいはどういうところですか。

船積みするのに、本船積載許可が必要なものもあり正確さと締め切りに間に合わせるスピードが必要です。また、仕事が多岐にわたるため、複数の業務を同時に進めることが良くあり、いつも優先事項を確認し対応しています。
お客様と社内の架け橋になるような業務が多く、大変やりがいがあります。その分大変なときもありますが、お客様、社内からのありがとうがとても励みになります。

川崎汽船 自動車安全輸送グループ10

KMDS入社のきっかけは?

2008年に、社会人1年目が終わる頃に転職を決意し、入社しました。
日常から世界と繋がっている実感のある仕事がしたかったので、元々興味があった貿易事務を選択しました。
全く未経験のまま入社しましたが、周囲のサポートが厚く、フランクな社風の中で伸び伸びと成長できました。

これまで、及び現在担当している業務はどういう内容ですか。

2008年に新設されたケイラインジャパン九州支店(現:九州駐在員事務所)へ配属となり、営業サポート、秘書業務に4年間従事しました。
海運業、そしてコンテナ船のイロハを、経験豊富な支店長から直々に教わりました。
2012年、ケイラインジャパン本社へ異動後、輸出営業グループにてブッキングや海上運賃提示などの営業サポートに就業しました。
2013年、川崎汽船の人事グループへ出向、採用アシスタントとして従事しました。
2014年、川崎汽船の自動車船事業グループ 海技・品質チームに出向中です。
3000台から6000台の車両を積み、動く12階建て立体駐車場のように巨大な自動車船の安全や品質向上のために業務しています。
現在は車両の積み付けプランに日々奮闘しています。

仕事のやりがいはどういうところですか。

出向先の部署によって業務内容も一緒に働く人達も全く違うので、入社してから毎日が勉強の日々です。
現在所属している部署では、船乗りの方々と業務していますが、自分の世界も広がりました。

“K” LINEのコンテナを街中で見かけた時、誇らしく思えたように最近は自動車を見ても自分が関わっているんだと思うと胸が熱くなります。
エネルギーや、日常に欠かせない物品の輸送というスケールの大きな仕事に携われることが一番のやりがいだと思います。
因みにクラブ活動も盛んですので、社会人になってからも試合に出たり、普段業務では関わりがない人達とも仲良くなれて、オススメです。